パサパサの髪を改善したい!髪が乾燥する原因と自分でできる対策

いつものように髪を整えていたらなんだかパサパサゴワゴワしている気がする、このように感じることというのは少なくないのではないかと思います。髪がパサついているとなんだか実年齢よりも老けて見えたりすることもあり、なんとかしたいと思うことでしょう。
髪がパサパサしてしまう原因を知ることで、自分でも対策ができるようになります。

髪のパサつきは乾燥が原因

髪の毛がぱさついてしまう原因はいくつかありますが、その中でも冬の時期最も考えられるのが乾燥です。

髪の毛が乾燥する原因

髪の毛のパサつきにはアイロンやコテなどの熱ダメージやカラーリングによる薬剤ダメージなど様々な原因がありますが、冬場特に気をつけたいのが乾燥です。
髪の毛というのは水分が多いためお肌と同じように乾燥してしまいやすいもので、乾燥するとパサパサとした手触りになってしまうだけでなく、髪自体が軽くなって静電気が起きやすくなってしまったりします。摩擦が起きやすくもなってしまうため、放っておくとより一層髪がパサついたりダメージを受けてしまうことに繋がってしまうでしょう。

シャンプーやドライヤーの方法を変えれば自分である程度ケアできる

乾燥してパサパサした髪をなんとかしたいと思ったとき、自分でも試せる方法があります。

シャンプーを自分にあったものに変える

まずすぐにでも取り掛かることができるのが、シャンプーを変えるという対策です。
洗浄力が強いシャンプーを使っている場合、汚れが落ちやすい分髪へのダメージが強くなっている可能性があります。特にアルコールを使っているものは本来必要な油分まで取りさらってしまうことも。
アミノ酸などを使っている保湿シャンプーや、パーマやカラーをしているのであればそれら専用のシャンプーに変えることで、髪の毛の状態を整えることができるようになります。
もちろん保湿シャンプーだからなんでも良いと思わず、自分の肌や髪にあったものかどうかをチェックするのも忘れずに。トリートメントも有効です。

ドライヤーのときに一工夫

髪の毛は濡れているとき一番ダメージがかかるためドライヤーを上手に使ってあげる必要がありますが、そのときに一工夫してみましょう。
例えばドライヤーの前にヘアオイルを髪になじませてみたり、襟足は髪の内側から上に向けて、後頭部は斜め45度くらいから当てるといったようにドライヤーの使い方を変えてみましょう。
なるべく手早く、そして程よく乾かせるように工夫してみてくださいね。

美容室に駆け込む前にまずは自分でケアを

美容室でのトリートメントも効果的ではありますが、自宅でできるケアでもある程度改善できる場合があります。
まずはシャンプーの見直しなどすぐにできることから挑戦し、髪のパサつきを改善したいものですね。